ストレスケア

医療法人(財団)桜花会 醍醐病院トップページ > ストレスケア

ストレスケア

がんばりすぎていませんか? ゆっくりと休息できていますか?
ぐっすり眠れていますか?

ストレスケアユニット

専門病棟でゆっくりと休息をとってみませんか?
ストレスケアユニットは、静かな環境の個室をご用意しております。

ストレスケアユニットでは医師を始めとし、看護師・臨床心理士・作業療法士・管理栄養士・精神保健福祉士といった専門スタッフが、心と身体に癒しを与えるよう、あなたにあわせた休息をさまざまな側面から提供いたします。
そして、あなたが次のステップに進むための準備をお手伝いします。

疲れた心と体には休養が必要です。
ストレスケア病棟では、心と体の休息を取りながら自分にあったプログラムを選択することができます。

各プログラムについて

心理プログラム

心理プログラム

栄養プログラム

栄養プログラム

ヨガ

ヨガ

ハーブティー

ハーブティー

アロマセラピー

アロマセラピー

OT(作業療法)プログラム

OT(作業療法)プログラム

週間予定の例

 
午前 ストレッチ体操
午後 自律訓練法
栄養
プログラム
ヨガ 心理プログラム 作業療法
プログラム
ハーブティー アロマセラピー

※)上記は、あくまでプログラムの一例となっております。その日の体調に合わせて プログラムを選択していきましょう。

離人症性障害の治療について

離人症性障害(慢性持続性または反復性の離人症)はこれまで治療不能といわれてきました。しかし最近、我々および海外の2施設(モーズレイ病院とマウント・サイナイ病院)で治療が試みられるようになりました。我々は1回1時間、週4回の暴露療法と認知行動療法を併用して離人症性障害の治癒をおこなっています。

我々はこの治療を1ヶ月間のストレスケア病棟(個室ベース)入院という形で提供いたします。

※離人症性障害およびその治療については
有馬成紀著「境界性パーソナリティ障害と離人症」金剛出版に詳細に説明されています。これ以上詳しい説明は海外にもありません。

※衝動性の高い人格障害を合併されておれれる方は、1ヵ月の治療での軽快はむずかしく、また衝動性の管理が困難ですので、一般精神科病棟およびストレスケア外来での治療となります。