看護部の紹介

医療法人(財団)桜花会 醍醐病院トップページ > 看護部の紹介

看護部の理念

日々研鑽に努め、心の健康に関するすべてのニーズに対応出来る体制を構築すると共に、
患者さんが早期に社会復帰が図れるよう看護サービスの徹底を図ります。

看護部の紹介

看護部の紹介

看護部の紹介

看護部長の挨拶

看護部長の挨拶

当院看護部では、患者さんに納得のいく安全で良質の医療サービスを受けていただけるよう、看護職員一人ひとりが日々の看護業務に取り組んでいます。

また、私たちは、患者さんの良き話し相手となり、日々新たな気持ちで共感するよう心掛けると共に、患者さんの身近な存在として、日常生活の不足部分を観察し援助することも看護の大切な業務として取り組んで行きます。

引き続き、医師、看護師等々で最良のチーム医療に取り組んで参りますので、ご理解並びにご支援の程、宜しくお願いいたします。

看護部長 小島信雄

看護教育・育成体制

新採用研修会毎年5月に開催。看護部研修毎月1回実施。

当院ではプリセプター制度は導入していません。新人スタッフが早期にチーム医療の一員として自覚できるよう、主任・副主任が教育や相談を担当します。
また新人研修は経験年数にこだわらず、新人チェックシートに基づき、スタッフのレベルに応じた指導をします。

新人研修は新人看護師教育計画に基づいて行っています。

看護・症例研究委員会

担当者が計画書の段階から研究を終えるまで指導します。
看護師はもちろん医師も交えて査読後、院内外に発表しています。

現任教育

精神科に限らず看護の専門性について自主的にテーマを選択し、全病棟(6病棟)が毎年1回以上研修会を実施しています。

英語講読会

希望者で『看護覚え書』『心理社会的援助の看護マニュアル』監訳:池田明子 著 を読んでいます。

当院は精神科の単科病院ですが、以下の身体管理も取り扱っています。
気管切開・人工肛門・胃瘻のある患者
化学療法を必要とする終末期の患者
特に治癒が困難である褥瘡のある患者への簡易減圧療法の看護は、効果を上げています。

キャリアアップを目指す方へ

(以下を希望される方には勤務面での考慮も行っています。)

  • 准看護師で定時制・通信制で看護師を目指す方。卒業者多数
  • 看護師で大学卒業を目指す方。卒業者多数
  • 看護師でPSWを目指す方。取得者4名
  • 看護師で社会福祉士を目指す方。取得者1名
  • 日本精神科看護協会の認定看護師を目指す方。取得者1名
  • 日本看護協会の精神専門看護師を目指す方。受験資格取得者1名
  • 看護大学院を目指す方。在籍者3名
当院へ実習に来られる看護学生へ

臨地実習受け入れ校

  • 看護大学大学院、CNS
  • 看護大学
  • 看護専門学校
  • 看護学校(2年制、通信制)
  • 准看護師学校

多彩に受け入れています。
私たち指導者は学生の新鮮な感覚を評価し、共に学ぶ姿勢で指導しています。

看護体制

看護単位数 : 6単位(精神急性期治療病棟1、精神一般病棟4、精神療養病棟1)

看護配置

当病院の精神一般病棟では、1日に38名以上の看護職員(看護師及び准看護師)が勤務しています。尚、時間帯毎の配置は次のとおりです。

また、朝9時~夕方17:15までの時間帯は、身支度や食事等の身の回りのお世話をさせていただくため、上記職員に加え、19名以上の職員が勤務しています。

当病院の精神療養病棟では、1日に11名以上の看護要員(看護師、准看護師及び看護補助者)が勤務しています。尚、時間帯毎の配置は次のとおりです。

当病院の精神急性期治療病棟では、1日に10名以上の看護職員(看護師及び准看護師)が勤務しています。尚、時間帯毎の配置は次のとおりです。